中国茶の選び方法

中国茶の選び方法茶葉のクオリティーの良し悪しは、視覚、臭覚、触覚、そして味覚で4つの方を決まります。「一看(先ず見て)、二聞(次ににおいを嗅ぎ)、三摸(そして触ってみて)、四覚(最後に味見をする)」という方法を用いて茶葉のクオリティーを判断します。

 

一看

茶葉の外観を見ます。お茶を淹れる前の乾燥した状態での茶葉の形状と色艶を見て、お茶を淹れた後の湿った状態での茶葉の柔らかさと水色を見ます。

 

二聞

茶の香りを嗅ぎます。お茶を淹れる前の乾いた茶葉の香りと、お茶を淹れた後の湿った茶葉の香りの両方を嗅いで比べます。

 

三摸

茶葉そのものに触れます。重厚で中身が詰まった感じであるか、軽くひらひらした感じであるか、滑らかできれいか、きめが粗くてざらざらしているか、手で粉々にしてみて、茶葉の水分の量をみます。

 

四覚

茶葉を買う時には、必ずお茶を飲んで味見をしてから買うことが大事です。

 


 

下は茶葉の外観、色、香リと味見を簡単にご紹介する。

 

外観

  • 緑茶類(例:龍井)の要求は光、扁、平、直ことが良い
  • 眉茶類(例:寿眉)の要求は統一のサイズ、茶葉の身が緊結こと
  • 紅茶類(例:祁門紅茶)の要求は茶葉の身が緊秀こと
  • 毛峰類(例:茉莉毛峰)の要求は茶亳が多ぃのは良いこと

そして、茶葉の表面かろ評判することができ、粗ぃと鬆散するというのは下級の茶です。

 

色澤

茶の類によって、色澤は大切です。新鮮の感じある緑色のほが良い。暗ぃ色とか、深褐色とかはやすぃものです。茶の湯色は透明感と淺ぃ黄色というほが上品です。

 

香リ

茶葉の自然香リが強がリ、長持っのほが良ぃです。

 

味見

茶葉の味見は苦、澀、甜、腥、酸、辣などとある、味が強くて、さっぱリするというのはぃぃものです。もちろん、個人の好みと習慣とも連結で考えることになリます。