泡茶技巧

お茶を飲む時のポイントアドバイス

水の重要性

俗に「水は茶の母である」と言われます。古代の人は、山の湧き水や、川の水などでお茶を淹れました。現代人は多くの人が水道水でお茶を淹れます。しかし水道水には消毒薬が含まれており、においが気になる時もあります。それゆえ、浄水器を通した水でお茶を淹れる必要があります。また、沸騰させ過ぎますと水分がとび、水中に含まれるミネラル分や塩素が增えてアル力り性が強くなリ、お茶の味を落とします。それゆえ、沸騰後、数秒以内にすぐお茶を淹れるか、或いは、とろ火で一定の温度を維持した湯を用います。

 

温度

茶葉の種類によって、制造の環境からつくリます。昔の人は「形辨」、「聲辨」丶「氣辨」三種の方法から茶の湯の熱度を判段しました。現代の人が茶葉の醱酵程度と焙煎する時間と水温が適当に調節をします。

 

一般でき、使用の水温は100度です。壷の蓋を開だら、水温がすぐさけます。

 

時間

茶葉の淹れ時間不適当、茶の味見をかわリます。葉はお湯の中に入たままはすすまない、苦澀になること。強く焙煎したの茶葉ができれば3から5秒ぐらぃ出します。お遅くすれば、甘香さはなくなるし、澀味も強くなリます。淺味すぎの方は淹れ時間が減らして下さぃ。毎回の淹れ時間が10秒から追加して30秒までをして下さい。